自分が子供の頃に感じた「ドキドキ」「ワクワク」を
今日からの未来を担う子供達に与え続けられる
そんなケーキ屋であり続けます

WARaRaからのお知らせ

2020
09 / 01
00:00

2050チャレンジ

2050チャレンジ商品

稲美にある大村農園さんの果物は

4~5日で、カビが生えます!(笑)

 

市場を経由してくるフルーツは

 

生産者さん収穫

生産者さん市場に出荷

市場到着

セリ

果物問屋さん

店舗へ配達

お客様の手元に・・・

 

ん~~~、

何日かかるんだろ?

 

綺麗なのがお店に届けば、それは

カビの生えない『おもち』

みたいなもんですね。

 

更に、外国からの輸入フルーツなんて

何日かかるんだろうか・・・

怖い・・・。

 

 

 

 

あと、化学肥料も調べました。

詳しくは書きませんが、

化学肥料を与えると、

収穫後の野菜から

『硝酸態窒素』というのが検出されます

 

この硝酸態窒素が『3000ppm』以上だと

ドイツでは『汚染野菜』として廃棄されます。

 

日本では・・・・・

 

 

 

 

 

 

 

 

 

基準値すらありませんでした( ;∀;)

 

 

 

とことん調べて

保存料などの添加物などの

あの訳の分からない

『カタカナ』横文字調べてました。

 

大体の場合

『食べても、少量なら大丈夫』

とネットで出てきます。

 

『少量』ってどれくらいなん???

 

 

 

 

 

 

 

厚生労働省いわく

 

毎日一生涯にわたって摂取し続けても健康への悪影響がないと推定される一日当たりの摂取量

 

との事です。

つまり、基準値以下なら大丈夫!

 

 

 

 

 

 

 

 

ん?

ちょっとまてよ!

『推定される??』

 

 

 

 

 

 

 

ん?

それって・・・・・

 

 

 

『多分!!!!』

 

 

 

って事ですやん!!!

 

それに、だれか人体実験したのでしょうか?

平均寿命が80歳ですから、

あくまで推定・・・・。

あくまで多分・・・・。

 

 

あのぉぉぉぉぉ

日本の基準値って、

EU諸国の500倍位あるんですけど・・・・。

 

※ちなみに、苺の残留農薬値は300倍です・・・。

デモ基準値以下だからOK!!!!!

 

さすが、『多分!!!』

 

って事です。

 

いやいや、そんなバナナですよね・・・

 

 

受け止め方は、人それぞれでいいと思います。

 

 

たまにしか食べないケーキだからこそ

安心、安全なものを作っていきます。

 

その商品に

『2050チャレンジ』や

『化学物質不使用』

って書いてますのでお勧めします。

 

 

全ての人が、

健康でありますように