自分が子供の頃に感じた「ドキドキ」「ワクワク」を・・
今日からの未来を担う子供達に与え続けられる
そんなケーキ屋であり続けます

WARaRaからのお知らせ

2019
01 / 31
00:00

この窓が開いたとき・・・

この窓は普段しまっています。

でも1日に30分だけ開く時が・・・。

 

ちびっこパティシエさんがケーキを作る時

たった1人で厨房に入ってきます。

これって結構勇気のいる事だから

ほんの少しだけだけど、

見ている、お父さん、お母さんとの

距離が近い方がいいよねって作った窓です。

 

そして、見ているお父さん、お母さんも

バシバシ写真を撮っています。

だからガラスはない方がいいよねって

作った窓でもあります。

 

たった1枚のガラスがあるだけで

まるで水族館w

声も聞こえないし、

写真撮ると反射して自分の顔が映ります。

 

一緒に来ている兄弟は

見えないから退屈するし

必死に覗こうとして、

吐息でガラスが曇ってさらに見えなくなりますw

結局は見えない・・・。

 

 

この窓は

『ちびっこパティシエ』

それだけの為に作った窓なんです。

 

うちの子出来るかなぁ?って

心配しているお母さん。

離れる距離は50センチだから大丈夫です。

子供の頃に挑戦した事は

いつまでも忘れない思い出になりますよ。

 

「ちびっこパティシエ」は、

ちょっとだけ背伸びして、

初めての事に挑戦して、

 

『ママ!僕が作ったんだよ!』

 

って、経験を通して

自信をもってもらえるんじゃないか?

楽しい思い出になるんじゃないか?

 

そう思って作った窓の話でした。

窓の話は お・し・ま・い

 

P.S.

『友達とケーキ作りたいよぉ~』

という声も沢山頂きますが、

その場合は、スポンジと生クリームも販売していますので

LINEのバースデー予約か

こちらからご覧ください。